天東HPロゴ2 総務部へロゴ1 文化部へロゴ1 体育部へロゴ1 青少年部へロゴ1

09月16日(日)第38回敬老祝賀会・運動会【java script 写真スライド版】

去る9月16日(日)第38回敬老祝賀会兼運動会を開催しました。
今年の当自治会75歳以上の敬老祝賀会対象者は368名(自治会員は319名)で会場は例年通り、芝川小学校体育館をお借りしました。
当日は天候にも恵まれ240名の敬老祝賀会対象者にご来場いただきました。
ご来賓の厚生労働副大臣:牧原さん、県議会議員:藤井さん、市議会議員:渋谷さん、交安協天沼大原支部長:中神さんに開会式でのご祝辞、運動種目へご参加をいただき、芝川小学校の小松教頭も運動会中に駆け付けて下さり、ご祝辞、運動種目へご参加をいただきました。
多年にわたり社会に尽くされてきた対象者の皆様の長寿をお祝いすると共に、地域や世代間の交流と親睦をはかる行事の一環として、運動種目は左表のとおり敬老祝賀対象者の皆様だけでなく、敬老対象者以外のご家族、幼児や小学生、一般の方々もご参加いただけるものを設けております。
各種目とも順位は関係なく、出場すれば賞品は同じなので無理や怪我無く運動を楽しみいただけます。
16種目のご招待者限定「宝釣り」では、子供たちに「宝」ならぬ袋詰めされた景品を紅白幕裏側に並べて、袋に結ばれた紐を紅白幕表側に出すお手伝いをお願いしました。ご招待者にお好みの紐を引いてもらい「宝釣り」をお楽しみいただきました。「宝釣り」終了後にお手伝いしてくれた子供たち、どの子も、とても嬉しそうでした。また次回もお手伝いをお願いします。
午前9時から開催した敬老祝賀会兼運動会は3時間もあっという間に閉会式。
副会長から謝辞と、帰路でも足元にお気を付けてご帰宅いただくようお伝えし閉会いたしました。
ご来場をいただきましたご招待者やご家族、ご来賓の皆様、お祝い品や賞品、対象者名簿の準備、会場設営・撤収、運営にご協力をいただいたブロック長とご家族、有志の皆様に厚く御礼申し上げます。
次回もまた『敬老祝賀会兼運動会』に敬老祝賀対象者の皆様だけではなく、敬老対象者以外のご家族やお子様もご来場、ご参加くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。

平成30年「敬老祝賀会兼運動会」反省点

◆イベント案内◆
01:招待状が封筒だと手紙を抜いておらず手間になる<文化部長談>
 →次回からハガキ様式にしてはどうか?サンプルを作成しながら検討する。

◆会場整理◆
01:下駄箱の靴の間違えがあった。
 →本人管理の為、靴用の袋を入れて渡したらどうか?
02:B班を明記した配付袋用のラベルは非会員のみでなく会員分も作成したい。
 →来場者には靴袋添付用として使用し、非来場者は配付袋用に添付したらどうか?(案)
03:校門の看板について
 →校舎入口にしたらどうか?
04:校舎内の通路が使用できたのは良かった。
 →但し、看板、案内標識などが必要。
05:開会式の役員の整列方法について
 →敬老者と、その他の参加者が見えるように、斜めに整列する。

◆競技関連◆
01:来場者(招待者)用プログラムの記載に誤りあり
 →×「消化」⇒〇「消火」に修正する。
02:紅白玉入れの籠位置が均一になっていない
 →竹竿の白ガムテープの位置に籠の下部を合わせるよう改善する。
03:ご招待者の代理出席者や来場していない方へ賞品を提供してよいのか
 →賞品は対象年齢を限定している各競技への参加者へ提供するものであり、
  競技に参加していない非来場者には提供しない原則にすべきではないか、今後も協議検討する。
04:消火バケツリレーのルールの明確化
 →最初の方のバケツには紅白球を3個入れたもので競技を開始する。
  消火した人は消火後のバケツに球を3個入れてから最後尾に付いてバケツリレーで先頭に流す繰り返し。
  アンカーが消火して自陣に戻ったらゴール(アンカーは消火後の玉入れや最後尾に付くことは不要)
  などを競技前に明確に説明する。
05:召集について
 →召集は前の競技が終わりかけの時に行う。声掛けはその前に行う。前で旗を持つ係を決める。
  今回のように12:30〜バスケットボールなど他の後続イベントがある場合もあり、
  時間内に競技を円滑に進行する必要がある。
06:回旋フットボールの参加者について
 →一般男子のみ。高齢者、一般女子はNG。
07:子供たちのお手伝い
 →子供たちは競技に参加したがるが、お手伝いをしてもらって参加賞を出すのは良かった。
08:グラウンドゴルフリレーのルール
 →玉をひたすら押して運ぶ参加者がいた。一応、ルールの周知徹底を継続する。
09:ドリブル競争のルール
 →個人競技であるが、リレー形式になってしまった。
10:女性玉入れの籠位置
 →女子の玉入れで籠が高すぎるとの声あり。一番上に近かった。《⇒02:参照》
11:風船割り
 →腰を痛めた参加者がいた。風船割る際の衝撃に注意喚起が必要。
  監視員による「風船割のサポート」を、競技者が望んでいるか早めに確認する対策も要検討。
12:アベック競争の札
 →数字の番号よりも絵(動物など)の方が楽しいのでは。

天東HPロゴ2 総務部へロゴ1 文化部へロゴ1 体育部へロゴ1 青少年部へロゴ1
web拍手 by FC2


inserted by FC2 system