天沼町二丁目東部自治会HP自主防災会

自主防災会

NEW! icon令和元年11月24日(日)自主防災訓練の実施について

会員の皆様には日頃から自主防災活動へのご理解とご協力を戴きありがとうございます。
当自主防災会では、下記の日程で防災訓練を実施いたしました。
[期  日]:令和元年11月24日(日)
[時  間]:午前09時00分~午前13時00分
[場  所]:開催時雨天の為、天沼観音堂内
[訓練内容]:(現地集合を以て)避難訓練、通報訓練、水消火器訓練、車椅子取扱い・発電機による給電取扱い(携帯用充電器設置)説明
ご参加いただきました33名の皆様に感謝申し上げます。

8:00時点で雨天の為、防災訓練会場は天沼観音堂内にしました。
観音堂で自主防災訓練を開催するのは今回が初となります。
会長、総務部長、自主防災部長による挨拶の後、会場設営を開始。先ず、アルファ米炊出しと参加者に分配するための作業台を2台準備しました。1台は足を伸縮できるタイプで作業に合わせて調節できます。
上座側は手動浄水器展示や、発電機による給電・携帯や充電器への充電・ペーパーアンテナによるテレビ視聴・扇風機やライトの稼働確認を行うスペースにしました。
発電機は屋外で稼働させ、参加者各自が持ち寄ったスマートホンや携帯電話、充電器に充電を開始。発電機1台でたこ足配線ですが充電・扇風機・照明稼働の確認ができました。
ペーパーアンテナは予想していたより小さかったですが、テレビも視聴できました。当然ですがペーパーアンテナを発信局に向けることで画像が円滑になります。

10:00前に天沼町を担当なさっている、さいたま市消防局氷川参道出張所の方々が到着。当日は、さいたま市消防局管内で複数の通報訓練が行われており10:07から、さいたま市消防局コールセンターとの連携による通報訓練を行いました。
引き続いて水消火器による消火訓練、発電・給電・充電機器の紹介、車椅子取扱い説明、炊出し訓練を平行して行うため、段取りとクループ分けについて会長、自主防災部長から説明して実施しました。
消火訓練は観音堂室内から境内の火元に見立てたカラーコーンに向けて行いました。
発電・給電・充電機器の紹介では、 総務部長が 給電方法の一つとして、車から給電するカーインバーターについて実演説明しました。
手動式の浄水器や単三乾電池を単一に使用できるアダプターの中には、自主防災部長お手製のアダプターもありました。
観音堂縁側では車椅子の組み立てや牽引部品の取扱い説明を行いました。
アルファ米炊出し作業も平行実施し、アルファ米炊出しの作り方説明書に従って「むらし」た後、 出来上がったアルファ米を参加者に分配するため仕分けて分配しました。

参加人数33名+さいたま市消防局の皆様と資材で手狭になった観音堂内ですが、円滑に訓練を進められました。
納涼の夕べで、焼きそばの焼き手を熱中症から守った業務用扇風機を回した文化部Tさんの充電器も展示されました。ありがとうございます。
防災訓練も終盤。気付けば外は雨も上がり、アルファ米の分配に奮闘する女性陣からは「手でやった方が早いわよ!」などの会話が飛び出しましたが、逆に会場内を和ませました。
文化部Tさんによるお手製のトイレと凝固剤の説明では、凝固剤のメインになるアクリル系ポリマーのみの市販物は少なくコストも高くつくとのこと。
排泄物の凝固にはケイ酸塩鉱物・高分子吸収剤(ポリマー)・消臭成分・除菌成分の混合物が理想的。コスパが良いのはペットショップで10㎏400円弱で売られている「猫砂」だそうです。

【防災訓練の機材準備】


【防災訓練開始】

スマートフォンからの119番火災通報訓練動画

画像をクリックすると、火災通報訓練の動画をご覧いただけます。
【通報訓練概要】
訓練、訓練、訓練(左は訓練時のみですが、これを入れないと消防や救急が本当に出動してしまった事もあったそうです)。
火災(消火)要請か救急隊要請か、発生場所、初期消火の有無と概況、けが人や発生場所内に人が居そうか、当該者の氏名や相当年齢が判っていれば併せて報告します。
携帯電話やスマホ(通報時点で位置情報通知設定ONにされている前提です)からはGPS、固定電話ではキャリア(電話会社)の位置情報により、通報先の指令センターで連絡元の住所は特定されています。
通報の際、通報された発生場所と通報位置情報が大きく異なる場合には理由を確認されると思います。
出動要請通報が終了した時点で、消防隊は既に出動している筈です。

【消火訓練】

画像をクリックすると、消火訓練の動画をご覧いただけます。
【消火訓練概要】
・気が動転している筈なので単独では作業しないように心がけます。
・「火事だ!誰か来てくれ!」と回りに火事を知らせる。
・来てくれた人や回りにいる人の名前が判れば名指しで、
 名前が判らなくても、着ている服装と色などを呼称明示して近くにいる人を具体化
 (例「そこの黒いジャンバーの人」等)して、119番通報や消火器準備など
 作業分担を要請して早期対処を図ります。
・消火器が手元に届いたら、複数名で初期消火作業に入ります。
・消火器ボックスから取り出し、
 レバーが上部に来るよう通常に立て、
 レバー上部の黄色い安全ピンを上へ引き抜いて外し、
 ホース先端のノズルを持って、消火器本体から放す要領でホースストッパーから外します。
(緊急時は気が動転しています。ホースを握って上に引き上げようとしてはいけません。)
・消火の際は、火や煙に邪魔されないために極力風上の位置から行いましょう。
・ホース先端を下記の【消火先】に向け、レバーを握って消火剤を発射します。
・当自治会で配置している消火器の噴射時間は約14秒です。
【消火先】
・消火器から噴射される消火剤は、基本的に火に向けて消火します。
・しかし、台所コンロ上のフライパンの油が引火した場合は、
 消火剤の勢いが強くフライパンがひっくり返って引火した油が広がったり、
 油を被って火傷する危険があるため、フライパンをひっくり返さないように背後の壁か、
 上部にあるレンジフードなどをめがけて消火剤が炎の上にかかるようにします。
消火器の操作や構造、寿命などについてはコチラのサイトが具体的に掲載しています。
・炎の勢いが人の背丈以上になった場合は初期消火は困難とされています。
・何よりも人命が第一です。消火活動も消火者の退路が確保されていることが大前提です。
 消火活動中に煙や炎などで退路が塞がれる可能性が少しでもあれば、
 避難することを優先し、119番通報して消防隊の到着を待ってください。


【非常食試食】(一昨年)
アルファ米炊き出し用とお茶用のお湯を沸かします。
アルファ米炊き出し用とお茶用のお湯を沸かします。
浄化装置付き防災井戸から取水してきた水をポリタンクに汲んでリヤカーで運搬しました。
今回2回目の非常食試食。『温めずにおいしく食べられるカレー職人』。
アルファ米の作り方説明書。 説明書に従ってアルファ米に熱湯をかけて蒸らしてかき混ぜて… 丼に盛って… 温めずにおいしく食べられるカレー職人をかけて出来上がり!
アルファ米の作り方説明書に従ってアルファ米に熱湯をかけて蒸らしてかき混ぜ丼に盛って『温めずにおいしく食べられるカレー職人』をかけて出来上がり!
1食パックで他人の手が食材に触れない事が、炊き出し等でリスクとなるノロウィルスやO157等の感染回避にもなります。
カレー職人はレトルトパックなのでお湯に入れて温めてもよろしいです。寒い日は当然、温めた方が体も温まります。

当自治会は約1000世帯弱。非常食を全自治会員分備蓄する事は購入・維持コスト、備蓄場所観点面で不可能です。
自助・共助・公助の観点から非常食は自宅崩壊・消失していなければ自助範疇、
自治会が備えておく非常食は公助を享ける前の自宅崩壊・消失した世帯、及びボランティア向けである、
という事が当自治会自主防災会の認識です。
被災から公助を享けられる期間を余裕を持って一週間と想定し、各世帯単位で水、食料、上下水道不通時のトイレ対策については各家庭で備えてください。


【簡易トイレテント設営訓練】(写真は2016/02/14を引用しています)
簡易トイレのテント設営体験です。ポール頭部分に4本を繋げます。指を挟まないよう軍手をしていた方が良いです。
去年もやりましたがテントはポールに被せてはいけません。吊るして設営します。
頭の部分が吊るせたら、4本の足の部分を繋げて、テントを固定していきます。
本来は風に煽られないようタープ止めして完成となります。
中は狭いですが緊急時の仮設なのでご容赦ください。
本番使用時には、ファスナー脇に男性用、女性用や使用中、空き等のプレートを掛ける予定です。
まず簡易トイレのテント設営体験です。ポール頭部分に4本を繋げます。指を挟まないよう軍手をしていた方が良いです。 そう!去年もやりましたがテントはポールに被せてはいけません。吊るすのですぞ! 頭の部分が吊るせたら、4本の足の部分を繋げて、テントを固定していきます。 はい、出来上がり。本来は風に煽られないようタープ止めして完成となります。 中は狭いですが緊急時の仮設なのでご容赦ください。本番使用時には、ファスナー脇に男性用、女性用や使用中、空き等のプレートを掛ける予定です。
【発電機使用訓練】(写真は2016/02/14を引用)
発電機の動かし方
①燃料給油キャップつまみを"ON"にする
②エンジンスイッチを"運転"の位置に合わせる
③エンジン冷間時チョークレバーを"始動"の位置に合わせる
④始動グリップを(勢い良く)引く
⑤エンジンの回転が安定したらチョークレバーを"運転"の位置に戻す
発電機の止め方
①エンジンスイッチを"停止"にする
②(エンジンが十分に冷えてから)燃料給油キャップつまみを"OFF"にする
続いては発電機の試用体験です。 発電機には誰でも使用可能なよう、テプラで手順書を貼り付けています。 発電機には誰でも使用可能なよう、テプラで手順書を貼り付けています。 発電機には誰でも使用可能なよう、テプラで手順書を貼り付けています。
担架を使用した救護訓練

天東自治会防災会備品担架を使用した救護訓練と竿担架の作り方 動画(写真や動画は2014/02/23 09:56より引用)

【備品折畳み式担架の使用法概要】
・担架の張り方:当自治会防災倉庫に備蓄しているターポリン製の折り畳み担架は、逆さにしてステー部を足で押し込み握り棒を広げて張ります。
・白い肩掛け紐が付属していますが、すぐに外れるので使用しません。
・担架で運ぶ救護者の足側を進行方向とし、救護者の様子を確認できる後ろ側(救護者の頭部側)の人がリーダとして、上げ下げタイミングなどを指示します。
・前後搬送者の歩調を左右逆にすることで救護者の上下振動が軽減されるそうです。
担架の作り方
備品担架での救護者搬送実践訓練 動画(写真や動画は2014/02/23 10:08より引用) 画像をクリックすると、備品担架での救護者搬送実践訓練動画をご覧いただけます。
上記の天東自治会防災会備品担架を使用した救護訓練内容を全役員で実践体験している動画です。
次は担架の試用体験です。 試用体験の前に、担架の使用説明を防災会長が行います。 進行方向後ろ側が声掛けします。搬送者の揺れを軽減するために、前の人と後ろの人が出す足を逆にします。 搬送者が重い場合は6人掛りにします。
【車椅子の使用法概要】(写真は2016/02/14より引用)
ノーパンクタイヤなので若干重めです。平日の日中だと高齢者が多い実情から、参加者からも使用方法について熱心な質問がありました。
段差が有る所では引率者がステップを踏み前輪を上げ、前輪の揺れブレを避けて移動しましょう。急な坂道を下る場合は、前のめり転倒防止のために後ろ向きで降りることも、臨機応変に検討対処してください。
最後に車椅子の試用体験です。車椅子を広げた状態です。 こちらは着座部を引き上げて折り畳んだ状態。ノーパンクタイヤなので若干重めです。 平日の日中だと高齢者が多い実情から、参加者からも使用方法について熱心な質問が上がります。 段差が有る所では引率者がステップを踏み前輪を上げ、前輪の揺れブレを避けて移動しましょう。急な坂道を下る場合は、前のめり転倒防止のために後ろ向きで降りることも、臨機応変に検討対処してください。
【ご質問への回答】(昨年)
JRC蘇生ガイドライン2015オンライン版‐第1章 一次救命処置(BLS)アルゴリズム
自主防災訓練内で質問され調べるとお約束した、AED使用後のCPR(心肺蘇生)再開タイミングについてご報告いたします。
ご質問者からは、AED使用後の心肺蘇生再開はしばらく様子をみるべきなのか否か、今まで受講したAED指導の中で明確な説明を受けた経験がなかった背景からのご質問でした。
結論から申し上げますと、最新のJRC蘇生ガイドライン2015オンライン版‐第1章 一次救命処置(BLS)のアルゴリズムでは、AED使用後も直ちに胸骨圧迫を再開して、救急隊など二次救命処置(ALS)を行うことができる救助者に引き継ぐまで続ける。ROSC と判断できる反応(呼びかけへの応答、普段通りの呼吸や目的のある仕草)が出現した場合は CPR をいったん中止して良いが、AED を装着している場合は電源は切らず、パッドは貼付したままにしておくべきだそうです。
最近のAEDは電気ショック要否判断、電気ショック実施後も、胸骨圧迫手順を指示するもの(例えばフィリップス製)もあるようです。
詳細と参考資料については以下をご参照ください。

1.反応の確認と救急通報
2.呼吸の確認と心停止の判断
傷病者に反応がなく、呼吸がないか異常な呼吸(死戦期呼吸)が認められる場合、あるいはその判断に自信が持てない場合は心停止、すなわち CPR の適応と判断し、ただちに胸骨圧迫を開始する。
なお、呼吸の確認には 10 秒以上かけないようにする。
3.胸骨圧迫
4.胸骨圧迫と人工呼吸
訓練を受けていない市民救助者は、胸骨圧迫のみの CPR を行う。訓練を受けたことがある市民救助者であっても、気道を確保し人工呼吸をする技術または意思がない場合には、胸骨圧迫のみの CPR を行う。
5.AED
AED による ECG 解析が開始されたら、傷病者に触れないようにする。AED の音声メッセージに従って、ショックボタンを押し電気ショックを行う。電気ショック後は直ちに胸骨圧迫を再開する。
6.BLSの継続
BLS は、救急隊など、二次救命処置(ALS)を行うことができる救助者に引き継ぐまで続ける。
明らかに ROSC と判断できる反応(呼びかけへの応答、普段通りの呼吸や目的のある仕草)が出現した場合には、十分な循環が回復したと判断して CPR をいったん中止してよい。
ただし、AED を装着している場合は電源は切らず、パッドは貼付したままにしておく。

※略語補足
一次救命処置(BLS[Basic Life Support])
二次救命処置(ALS[Advanced Life Support])
心肺蘇生(CPR[Cardipulmonary Resuscitation])
自動体外式除細動器(AED[Automated Extermal Defibrillator])
心電図(ECG[Electrocardiogram])
心肺蘇生による自己心拍再開(ROSC[Return Of Spontaneous Circulation])


【アンケート結果】(一昨年)
アンケート結果
左図をクリックすると当日会場で収集したアンケート集計結果のPDFを表示します。
自主防災訓練に参加いただいた方の飲料水・食料品の備蓄や消火器設置場所認識意識の高さ、簡易トイレ準備率の高さが窺える(特に複数回ご参加いただいている皆様の防災意識が高い)結果となりました。
・飲料水の備蓄:91%
・非常用食料の備蓄:86%
・家庭での消火器設置:73%
・自宅近くに自主防災会が設置した消火器がある:73%
・自分や家族の避難場所認知度:96%
・簡易トイレを準備している:50%
アンケート数値をグラフ化してみました。
飲料水の備蓄 食料品の備蓄 家庭内の消火器 自宅付近に消火器 避難場所 簡易トイレの準備 訓練参加回数

全国調査では【防災意識高いけど実践せず】の実態
12/02(日)当自治会役員定例会の中で会長から資料として提供された読売新聞2017年11月25日(土)「防災意識高いけど実践せず」の記事によりますと、地震などの災害から身を守るための対策が必要だと考えていても、実践している人は少ないことが、積水ハウス総合住宅研究所の調べで分かっています。
調査は今年7月インターネットで行われ、全国の20~60代の男女1205人から回答を得たそうですが、
「地震から自分や家族を守るために必要だと思うこと」
・非常用食料、飲料水の備蓄:62%
・住まいの耐震性能の確保:55%
・家具や家電の固定:51%
しかし「実際に行っている割合」
・非常用食料、飲料水の備蓄:36%
・住まいの耐震性能の確保:20%
・家具や家電の固定:25%
「日常の顔が見える関係づくり」、「地域の防災組織の整備」、「地域の防災訓練の実施、参加」といった共助の備えが必要だと思う割合は2割に達せず、実践しているのは5%に留まっています。

読売新聞では活字のみでしたが上記の数値をグラフ化してみました。
非常用食料、飲料水の備蓄 住まいの耐震性能の確保 家具や家電の固定 共助の備え
4番目の「共助の備え」グラフの色合いが他とガラリと変わり、共助に対する期待度の低さを窺わせます。今回の自主防災会訓練への参加者51名は当自治会約1,000世帯の5%で、新聞記事の「共助の備えを実践しているのは5%」と一致しているのは偶然ではなさそうです。

同研究所は「防災意識は高くても実践に至らない人が多い。過去の災害で重要性が認識された共助の備えもできていない」と分析。備蓄にもなる缶詰をぶんだんに食事に取り入れたり、近隣住民とのあいさつで関係を築いたりするなど、日常生活に防災を組み込むことが大切と指摘しています。

【反省点】
・水汲みは早めに出動した方が良い。
・簡易トイレ女性向けの配慮。
・水消火器の取水について事前に連絡要請。
・ブロック長主体で運営すべき。
・アンケートは必須(先に帰ってしまう方がいた)
・消火器設置要請への対応。
・2輪車をノーパンクタイヤに交換⇒完了。
・防災用チャッカマン等防災用具は防災倉庫内のケースで管理する。
・防災ホイッスルは毎年交代するブロック長向けに毎年発注準備する。

令和元年11月24日(日)自主防災訓練の実施について

台風15号、19号による被災で防災意識が高まる中、一人でも多くの方のご参加をお願い申し上げます。
【訓練概要】 防災倉庫付近工事中のためファミリーマート天沼町店跡地で実施
(雨天の場合は天沼観音堂で実施)
自治会役員は08:30集合、自主防災会役員と一般会員参加者は09:30受付集合
①避難訓練(本部前集合、本部設置、受付訓練)
②消防署員指導による通報訓練・消火器、発電機取扱訓練
③防災井戸より取水・ガスコンロ設置・非常食(アルファ米、赤飯)炊出し・無線機取扱い・
 車椅子取扱い・発電機取扱い(携帯用充電器設置)・浄水器取扱いを同時並行実施
12:00~非常食試食会後、
  アンケート記載いただいた自主防災会役員と一般会員は順次解散
  自治会役員は避難行動要支援者情報の活用訓練と非常持ち出し品の情報共有
13:00 自治会役員解散予定

令和元年10月19日(土)大宮区避難場所運営訓練(大宮高)9:00~12:00 9名参加予定

訓練内容PDF(未入手)
令和元年度避難所運営訓練【大宮高校】
・天沼町二丁目中部自治会
・天沼町二丁目西部自治会
・天沼町二丁目東部自治会
・大原七丁目北部睦会自治会
上記4自治会参加予定。
訓練内容情報(未入手)
参考:2019年08月19日(月)大宮高校避難所運営委員会

令和元年10月19日(土)大宮区避難場所運営訓練(芝川小)9:00~11:00 10名参加

令和元年度避難所運営訓練【芝川小学校】
令和元年度大宮区避難場所運営訓練芝川小学校は3自治会が参加、雨天のため仮設トイレ設営も含め体育館内で行いました。当天二東自治会からは10名が参加。情報班・救護・環境班に分かれ、救護・環境班は災害用仮設トイレの設営と撤収、および三角巾使用方法を体験しました。
写真集・三角巾講習動画集はこちらです。
設営訓練に使用する仮設トイレ1組を防災倉庫に取りに行きました。防災倉庫扉内側の配置図です。 私にとっては7年振りのBEN-CHEER(仮設トイレ)です。 中川自治会は仮設トイレ設営を先行、当自治会は三角巾使い方講習を先行。まず三角巾を参加者毎に受け取りました。 講師の方。説明書を見ながら、落ち着いた説明が好印象でした。後段にYouTubeにアップした三角巾説明動画リンクがあります。 避難所に備蓄されている家庭用救急箱。芝川小では50セット備蓄しているそうです。 三角巾5個、包帯1個、ガーゼ1枚、ステンレスはさみ1本、刺抜き兼用ピンセット1本、救急手当ガイド1冊、医療用救急絆創膏大小各1枚、消毒液1本、やけど薬1本、救急絆創膏1箱が詰まっていました。 中川自治会が設営した仮設トイレを見学する芝川小生徒達。彼等にはこの訓練がどのように映ったのでしょうか。

大宮区避難場所運営訓練(芝川小)三角巾講習動画

三角巾を使った止血法 三角巾を使った止血法2 三角巾での上肢保護・吊り方 三角巾での膝保護

さいたま市避難所運営マニュアル

令和元年5月改訂版さいたま市避難所運営マニュアル
実際に災害が発生して避難所を設ける場合、平日であればまず生徒の安全・保護者へ引き渡しを並行して、近隣自治会の自宅外被災者と近隣居住者ではない帰宅困難者が避難場所に集まることになります。
いざ災害が発生して避難所運営の一端を担う場合、いち早く運営していくために必要な情報や担当作業を纏めた、さいたま市が作成している令和元年5月改訂版避難場所運営マニュアルは有用な資料です。左記をクリックすると令和元年5月改訂版避難場所運営マニュアルPDFを閲覧できます。災害時の避難所状況を想像しながらご一読ください。

2019/10/13(日)台風19号による近隣への影響

2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子
芝川付近は、道路冠水で住宅にも影響が出ました。
第2東中の避難者は15人でしたが、夜には家から出られない人も多くいたと思います。
凄い水量ですね。
2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子
大変な雨と風でしたが大きな被害も無くて良かったです。
朝、自治会内を見廻りましたが目につくような被害は確認できなくほぼ被害は無い状況だと思います。もし、皆さんが被害情報として把握していれば共有していただければ助かります。
自治会施設の防災倉庫・物置・観音堂は異常ありません。
ただ、ビールケースが倒れていました。本日10時から片付けます。
2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子
芝川小学校、大宮自動車教習所
大宮自動車教習所は、大事な商売道具が水没しそうではないですか?
せっかく屋上駐車場があるのに、危機感が足りないのでは…
2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子
観音堂の掲示板が被害にあいました。

今朝6:30過ぎに、自転車で町内一回りしてきました。
たまたま、芝川小学校の教頭先生にお会いして、避難所についてお聞きしました。
12日は、午後2名が避難してきましたが夕方には帰られ、それからは誰も来なかったとのことでした。
教頭先生は宿直されたようです。
又、芝小の校庭は3分の2は水が被っており、前の道は昨日から冠水のため通行止めとなっていました。
合併記念公園から芝川堤防の下はずっと冠水、公園南側の菜園は、水浸しでした。
詳しく見ていませんが、町内は倒木なども見当たらずおおむね無事であったと見受けられました。
本当に良かったと思います。
尚、7時半過ぎ区役所から電話があり、今日の参院補選期日前投票はまだ避難者もおり中止するとのことでした。

アルディージャの試合が中止になりました。
芝川が昨日から気掛かりだったので、自転車で調査
北袋二丁目から上流目指しました。
2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子 2019/10/13(日)台風19号通過後の様子
・障害者センターの地下駐車場
・浦和レッズの隣のグランド
・芝川小グランド
・大宮消防署
・第二東中
・天沼テニス公園駐車場
・天沼町一丁目睦自治会の倉庫
・瓢箪池です。
どこも水の逃げ場として機能してましたが、天沼町一丁目や堀の内町の芝川沿いは土手を高くしたが、ダメ!畳を出して干している方もいました。
気になっていた大原7丁目のK床屋さんに寄ってみたが、やはり昨晩9時過ぎにお店が冠水したとの事。
20年位前から市議にお話して改善策をお願いしたが、55ミリ以上だとダメ。
下流はFBの投稿によるともっと水の出た箇所が有るようだ。

栃木県では5河川が氾濫

2019/10/15(火)北二S様>
おはようございます。
台風何事もなかったと思っていましたが、
昨夕、ネットで検索したら栃木市の巴波川が氾濫。
義理の姉宅のそばなのでLINEで連絡入れたら永野川も氾濫し、付近の妹宅が床上浸水でやばいとの事。
大丈夫と思っていたところが被災、完全に出遅れました。
これから復興ボランティアに行って来ます。
今日一日、取り敢えず頑張ってきます。

今回の教訓

万全に備えることは不可能な災害対策、今回の教訓は…
・避難/退避場所などについて正確な情報収集(災害は起こってからでは遅い)
・上記情報の迅速な連携(暴風域に入ってからでは遅い)
・非役員であるブロック長や班長に、とりわけ台風通過中の状況下で情報伝達を依頼し、伝達責任を負っていただくことはできない
・避難や退避必要可能性がある地域は経験則から想定はできるが、想定外・経験したことがない状況は予測できない

⇒自共助のために有益な情報源や防災・避難行動は事前に(または影響認識が褪めないうちに)提供・周知・訓練しておく
⇒今回の公官庁対策室の「命が少しでも助かるための行動指示」や交通機関の計画運休措置は正しい
(無駄に選択肢が多いと、無駄な動き・間違え・外れる事も多い)
⇒災害種別によっては孤立する可能性がある避難所は登録から外すべき
⇒無電柱化は公共事業として急務事項
と考えます。

観測史上最大級の台風に対し大宮区では、 バックウォーターや越水リスクがある荒川支流の芝川(一級河川 )沿い地域や浸水(内水)注意地域への影響がありました。
罹災被災地域、交通・物流・ライフラインに影響がでた地域の皆様が一刻でも早く復旧されることを心より願っております。

2019年10/12(土)10:00~13(日)08:30自主避難者向けに避難所が開設されます

さいたま市記者発表資料:令和元年台風第19号接近に伴う対応について
さいたま市は台風19号に伴う悪天候が予想されることから12日午前10時から13日午前8時半まで、市立小中学校など、市内198カ所の指定避難所を開設し、自主避難者を受け入れています。
当自治会避難所は、県立大宮高校体育館か芝川小学校体育館です。
少しでも身の危険を感じる場合は早めに避難してください。
自主避難をされる場合は、ご自身で消費する飲料水や食料等をご用意のうえ避難をお願いします。
※ 台風の状況により、開設時間は前後する場合があります。
開設時間についてはさいたま市ホームページに掲載されています。
さいたま市避難所の開設状況に関する問い合わせは、各区役所にお問い合わせください。
区役所名:代表電話番号
西区役所:048-622-1111
北区役所:048-653-1111
大宮区役所:048-657-0111
見沼区役所:048-687-1111
中央区役所:048-856-1111
桜区役所:048-858-1111
浦和区役所:048-825-1111
南区役所:048-838-1111
緑区役所:048-874-1111
岩槻区役所:048-790-0111
観音落とし(大宮区の大原7丁目(大門浅間第1号幹線))の水路は55㍉までは貯留管で対応できますが、今回はもっと降りそうです。
SIDE LINKにある上記のバナーリンクから「さいたま市水位情報システム」にアクセスして水路の水位計や河川画像をリアルタイムで見れます。(投稿時点では大変混雑しています)
天沼町二丁目東部自治会は大宮区の芝川(新橋)、大原七丁目は大宮区の大原7丁目(大門浅間第1号幹線)で注意警戒情報と平常時/最新のカメラ映像の比較で自主避難判断材料としてください。

2019年08月19日(月)大宮高校避難所運営委員会

2019年08月19日10時から大宮高校避難所運営委員会が開催されました。
大宮高校避難所組織 大宮高校避難訓練1 避難所各班役割
ポイントのみ報告します。
1.組織は添付資料参照
 ・運営リーダー、副リーダーの役割分担決まりました
 (I副会長・・情報班長、U副会長・・環境班長)
 いろいろ経験したほうが良いとのことで昨年と担当変更になっています。
2.10月19日(土)の日程は添付資料参照
 ・運営リーダーは8時30分に集合(やまぼうし会館1階)
3.各班への班員の貼り付けは、各自治会からの参加者を割り振る
 *当自治会は毎回12人程度貼り付けをしていますので、
  次回役員会で決めておいたら如何かと思います。
  (10月でも間に合います)
4.その他
 ・避難所訓練参加者には高齢の人もいるので椅子を準備する
 ・学校のスリッパもあるが動きやすくするため各自上履き準備する
 ・これまで訓練の結果がフィードバックされていない。
 ⇒今回から情報共有というテーマで引継書を作成することとする
  …各班が作成
  *作成要領は区役所で準備する
  *各自治会でも避難所運営マニュアルを事前チェックしておいてほしい。
(確認)別途9月10日(土)、11日(日)の応急救護講習会への出席は文化部Tさん2名になっていると思います。
よろしくお願いします。
以上ですが、簡単に報告しておきます。

2019年03月03日(日)防災情報交歓会(メモ)

3月3日に防災情報交換会に参加しました。
そのおおよその内容を防災情報交歓会報告に纏めました。
さらに三橋4丁目がまとめた避難要支援者に関する資料(避難行動支援者判断基準避難要支援者Q&A)もいただきましたのでご一読下さい。
今後の自治会の大きなテーマのような気がいたします。【会長】

令和元年度 自主防災計画

2019/04/21(日)定期総会で配付した令和元年度定期総会資料16頁の天沼町二丁目東部自治会自主防災会 令和元年度自主防災計画より
4~5月 自主防災会役員の任務分担の確認
貸与備品の確認
防災倉庫の鍵の保持者確認
防災井戸の継続確認及び看板確認
消火器設置のお願い

5~7月 今年度購入防災備品の検討及び助成金申請

適時 自治会行事の時に備蓄品の展示をし、又定期的に模擬使用することで習熟向上を図る。
・組み立て式トイレの組み立て
・発電機の取り扱い
・無線機の取り扱い
・消火器の取り扱い
・テントの組立て
・担架・車椅子の取り扱い

8~9月 今年度購入防災備品の発注

10~12月 今年度購入防災備品の納入・実績報告書提出

11月 11/24(日)
◎消防署との共催で防災訓練(7回目)
・避難訓練(避難時必要品を持参)
・通報訓練(119番通報)
・消火器訓練
◎自主防災会独自の防災訓練
・災害用トイレの組立てと実際に使用
・発電機の取扱いと携帯電話25台以上の充電
・非常食の炊き出しと試食(防災井戸水運搬、かまど設置)
・災害用浄水器の取扱い訓練と試飲
・牽引式車椅子補助具の装着と実地訓練

その他 1.大宮区主催の避難所運営訓練(10月)に参加
2.さいたま市主催の防災リーダー研修会(2月)に参加
3.大宮区主催の防災情報交換会(3月)に参加
4.消火器の設置(5月末までに要望のあった箇所に設置)
5.地区防災計画の策定(年間)
6.防災通信の発行(随時)

発 足

地域社会の安全と住み良い環境を守るために、
平成23年5月9日、地域住民相互による「共助」の精神に基づく自主的な防災活動を行うことにより、
地震その他の災害による人命の安全確保、被害の防止及び軽減を図ることを目的に結成いたしました。
現在は、自治会役員、自治会員、ブロック長、民生委員を合わせ約50名で構成しています。

防災用品備蓄一覧

防災用品備蓄一覧acrobat

当自治会内の消火器配置地図

ピンクバルーンは消火器の位置で、クリックすると表示される2桁数字は当自治会の管理Noです。


大きな地図で見る

当自治会内の消火栓配置地図


大きな地図で見る

当自治会内の防災井戸配置地図


大きな地図で見る

当自治会内の避難場所地図


大きな地図で見る

防災関連総括地図

ピンクバルーンは消火器の位置で、クリックすると表示される2桁数字は当自治会の管理Noです。


大きな地図で見る

自治会全域図

平成30年度 活動実績
Arrowスマホはタップで開閉します】

平成30年度活動実績
防災・防犯
4月毎月第1(月)第3(木)パトロール
防災倉庫内棚設置・整理
5月毎月第1(月)第3(木)パトロール
平成30年度防災用品購入計画
6月毎月第1(月)第3(木)パトロール
自主防災組織運営補助金申請
防犯活動助成金申請
避難場所運営訓練説明会
7月毎月第1(月)第3(木)パトロール
各種団体との懇親会出席
大宮クロスロード講習会出席
貸与品所持確認
8月毎月第1(月)第3(木)パトロール
ブロック長会議出席
避難場所運営委員会大宮高・芝川小
自主防災運営補助金受領
9月毎月第1(月)第3(木)パトロール
防災井戸水質検査サンプル提出(3箇所)合格
防災倉庫内点検整理
10月毎月第1(月)第3(木)パトロール
大宮区防災訓練参加(芝小11名、大宮高11名参加)
平成30年度予算防災用品納品
11月毎月第1(月)第3(木)パトロール
自治会防災訓練実施(51名参加)
防災訓練補助金受領
消火器新規設置4台
自主防災組織運営補助金実績報告書提出
12月毎月第1(月)第3(木)パトロール
夜間街路灯新規設置個所確認のためのパトロール
街路灯設置申請
1月毎月第1(月)第3(木)パトロール
新規街路灯4ヶ所
カーブミラー再設置1ヶ所
2月毎月第1(月)第3(木)パトロール
大宮区安全安心の集い出席
3月毎月第1(月)第3(木)パトロール
大宮区防災情報交換会出席
次年度防災用品検討
年間活動報告
  • web拍手 by FC2

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system