天沼町二丁目東部自治会HP自主防災会

自主防災会

NEW! icon令和3年11月21日(日)自主防災訓練の実施報告

会員の皆様には日頃から自主防災活動へのご理解とご協力を戴きありがとうございます。
当自主防災会では、下記の日程で防災訓練を実施いたしました。
[日  程]:令和3年11月21日(日)
[時  間]:午前09時15分~午前11時25分
[場  所]:天沼観音堂、自治会内消火器点検
[訓練内容]:(現地集合を以て)避難訓練、消火器点検、無線機取扱い訓練、通報訓練、防災機器(ソーラー発電機、LED投光器)の紹介、防災についての情報共有(自主防災会の行動マニュアル・大宮区防災カルテ・町内のリスク確認(ハザードマップ)・タイムラインノート・さいたま市避難所運営マニュアル紹介・避難所運営についての大宮区への申し入れについて)
[今年のテーマ]:「万が一の際の行動や準備について役員間で確認する」
[装  備]:ヘルメット、笛、ジャンパー、マスク、避難時必要品を入れたリュック(必要品として「最低1日分の食料と飲料水」「筆記具」を含める)、(トランシーバー管理者)充電したトランシーバー、(鍵管理者)防災倉庫鍵
コロナ禍のため今回は役員のみで実施し、消防署へ来訪依頼はしておりません。
ご参加いただきました24名の皆様に感謝申し上げます。

【訓練内容】
8:50ころ~
・避難訓練 → ヘルメットほか、避難時の装備にて観音堂に避難
・受付訓練 → 体温・体調の確認、手指消毒、マスク着用の有無、避難者名簿の記入
・会場設営 → 換気のため窓を開放し、座席は間隔を取ってスクール形式で設営
09:15~「避難訓練」
・朝礼 → 会長挨拶、本日のスケジュール訓練内容の説明
09:20~
・町内の消火器点検 → 消火器の状態外観・安全栓の封印、収納箱の状況などを確認する
消火器点検分担図
 A班(1、2、3、4、5ブロック=17台)→15台点検
 B班(6、7ブロック=15台)→15台点検
 C班(8、9ブロック=15台)→10台点検
 D班(10,11、12、13ブロック=23台)→18台点検
*収納箱の番号消え3台、ガタツキ1台、ホース異常1台などが判明
*消火器の設置場所に、やや偏りがある *扉を紐で押さえている収納箱あり
・トランシーバー訓練 → 消火器点検移動中に本部(アンテナ準備)と通信し操作を練習

B班消火器点検画像一覧収納箱消火器
No:03 07B35班
No:13 06B25班
No:20 07B31班1
No:27 07B38班
No:28 07B37班
No:29 06B26班
No:30 07B34班
No:31 07B32班
No:53 07B38班
No:56 07B32班
No:57 06B26班
No:59 06B24班
No:65 06B24班
No:69 07B31班2
No:72 07B35班
当自治会の消火器配置地図はこちらです。
10:35~
20211121自主防災会通報訓練
・通報訓練 →119番に電話し「訓練・訓練・訓練」と言う、スピーカー通話
「観音堂で火災発生」と通報し、指令センターの質問に返答
【通報訓練概要】
訓練、訓練、訓練(左は訓練時のみですが、これを入れないと消防や救急が本当に出動してしまった事もあったそうです)。
火災(消火)要請か救急隊要請か、発生場所、初期消火の有無と概況、けが人や発生場所内に人が居そうか、当該者の氏名や相当年齢が判っていれば併せて報告します。
携帯電話やスマホ(通報時点で位置情報通知設定ONにされている前提です)からはGPS、固定電話ではキャリア(電話会社)の位置情報により、通報先の指令センターで連絡元の住所は特定されています。
通報の際、通報された発生場所と通報位置情報が大きく異なる場合には理由を確認されると思います。
出動要請通報が終了した時点で、消防隊は既に出動している筈です。
10:40~
・避難所運営訓練 → 本年度購入の防災機器(ソーラー発電機、LED投光器)の紹介

・防災についての情報共有 →
 災害時の自主防災会の行動マニュアル
自主防災会行動マニュアル
自主防災会は各自の「自助」をベースに「共助」活動と「公助」の支援活動をします。
※災害が発生したら
1:自分と家族の身の安全の確保    … 自助
2:家族の安否確認・安全確保     … 自助
3:親戚知人の安否確認・安全確保   … 自助
4:隣近所の被害状況・火災状況の確認 … 近助
 ※避難所へ行く場合、ブレーカーを落とす
ここからが「共助」になります。
5:観音堂(災害対策本部)ヘ
 ヘルメット・ヘッドランプ・ゴーグル・笛・マスク・ジャンパー・(トランシーバー・防災倉庫鍵)
・避難用具には「最低1日分の食料と飲料水」を必ず入れる
・3人以上集まるまでは行動しない(2次災害時の確認ができない為)
・最低1人は本部にて待機(体温計・消毒液準備)
・2人1組以上で防災倉庫に資機材を取りに行く(単独行動は厳禁)
・この場合の通信手段は、無線機が主役
・資機材は何回かに分けて搬入する
テント・本部セット・発電機・コードリール・投光器・簡易トイレ・便袋・携帯充電コンセント・非常食・かまど・ガスコンロ・風よけ板・ブロック・ガスホース・調整器・ポリタンク・ヤカン・寸胴鍋・メガホン・スポットクーラー(夏期)・車椅子(牽引具)・工具
・資機材が搬入されたら観音堂に集結した役員で本部を設置する
・本部設置後の役員人数が15人以上になったら避難所への派遣を検討する
6:避難所への派遣について
・災害の規模にもよるが、避難所が開設された場合、帰宅できない可能性がある。
 そのため訓練時の人員を全員避難所に派遣すると、交代要員がいなくなる。
 食事、飲料水、トイレのすべてが避難者優先になり、ボランティアは後回しになる可能性がある。
 大宮高校、芝川小への派遣人員は交代要員を考慮しながら派遣する。
7:コロナ禍では避難所への避難より自宅避難・車中避難・親類知人宅避難が椎奨される。
食料の配給はこの人たちの分も避難所に配送されるため、避難所以外に避難生活をしている方の人数把握をすることも考えられる。告知の方法を事前に検討する必要あり。

大宮区防災カルテ
さいたま市防災カルテ_大宮区
さいたま市防災カルテ_大宮南中学校区
さいたま市防災カルテ_第二東中学校区

町内のリスク確認(ハザードマップ)
さいたま市地図情報トップページ
さいたま市地図情報_延焼リスク
さいたま市地図情報_内水ハザードマップ

住宅用火災警報器取り付けサポート制度
消防法及び火災予防条例の改正により、さいたま市では、すべての住宅に「住宅用火災警報器」の設置が必要となりました。
住宅用火災警報器の設置は、建物所有者、管理者等がご自身で設置するものですが、高齢者などの自ら設置することが困難な方で希望された方に限り、消防職団員が取り付けを行います。(取り付けのみ対象です。警報器の購入は設置の実施日までに事前にご自身で購入しておいてください。) 詳しくは住宅用火災警報器取り付けサポート制度をご覧ください。

タイムラインノート
風水害に備えて「マイ・タイムライン」を作りましょう
マイ・タイムラインは住民一人ひとりのタイムライン(防災行動計画)であり、台風の接近によって河川の水位が上昇する時に、自分自身がとる標準的な防災行動を時系列的に整理し、とりまとめるものです。 時間的な制約が厳しい洪水発生時に、行動のチェックリストとして、また判断のサポートツールとして活用されることで、「逃げ遅れゼロ」に向けた効果が期待されています。
【さいたま市マイ・タイムライン】(さいたま市オリジナル・ワード版)のダウンロードはこちら
【さいたま市マイ・タイムライン】(PDF版)の参照はこちら
【さいたま市マイ・タイムラインノート】(さいたま市オリジナル)のダウンロードはこちら
【さいたま市マイ・タイムラインノート】(PDF圧縮版)のダウンロードはこちら

さいたま市避難所運営マニュアル紹介
さいたま市避難所運営マニュアル
実際に災害が発生して避難所を設ける場合、平日であればまず生徒の安全・保護者へ引き渡しを並行して、近隣自治会の自宅外被災者と近隣居住者ではない帰宅困難者が避難場所に集まることになります。
いざ災害が発生して避難所運営の一端を担う場合、いち早く運営していくために必要な情報や担当作業を纏めた、さいたま市が作成している令和3年5月改訂版避難場所運営マニュアルは有用な資料です。左記をクリックすると令和3年5月改訂版避難場所運営マニュアルPDFを閲覧できます。災害時の避難所状況を想像しながらご一読ください。
避難所運営についての大宮区への申し入れについて
大宮高校避難所運営訓練について(ご報告)
平素から自治会活動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。
10月16日に行われた2021年避難所運営訓練について、自治会役員会において報告会を行いましたところ色々と意見も出ましたので参考にして頂きたくご報告いたします。
1.避難訓練の開催について
・訓練のための訓練ではなく、実態に即した訓練とは何かを市と自治会とで議論したうえで実施すべきではないか」という意見が出ました。
2.災害状況によって避難所が変わる
・芝川小学校は洪水時には避難所として不適と言われているがその場合は大宮高校への避難となる。どのレベルでその判断をするのか。誰が判断するのか不明。
・洪水時を想定して、芝川小の避難所運営委員会に参加している自治会も、大宮高校で訓練すべきではないだろうか。
・今年度の訓練想定では、地震発生の3日後に、洪水の避難指示が発令された。芝川小においては、指定避難場所(大宮高校他)への誘導、大宮高においては、追加の避難者の受け入れ準備について訓練すべきと思う。
3.大宮高の訓練での疑問点
・今回は避難所の中のレイアウトを確認し、ビニールシートでの区分け作業を行った。
・今回の参加自治会は世帯数の規模が違うのに(天沼東部940世帯、中部137世帯、西部236世帯、大原北睦78世帯)均等の割り付けレイアウトで、非現実的だった。
・区画の分配の割合や、自治会員以外の帰宅困難者、洪水時の芝川小避難所からの受け入れとして、体育館をどのように使うのか、要配慮者(高齢者、障害者、乳幼児その他)への対応等、発災直後(発災から24時間程度)の想定をしたうえで訓練したい。
4.在宅避難者について
・各自主防災組織から避難所に報告し避難者台帳に登録することで情報や物資の配給を受けられることになっているが、どこで誰が確認するかなども想定しておきたい。
5.その他、各訓練所運営委員は毎年変わるので情報伝達が重要となる。
簡単ですが以上報告いたします。
よろしくお願いします。

避難行動要支援者名簿活用訓練 → 会長より避難行動要支援者名簿についての説明

~11:25
・(全員)後片付けし、終了

【行動やマニュアルについて情報共有】
さいたま市防災ガイドブック(令和2年度改訂版)
さいたま市防災ガイドブック(令和2年度改訂版)
さいたま市は、もしも災害が発生したときの行動や、災害に備えて準備できることをまとめた「防災ガイドブック(令和2年改訂版)」を作成しています。
「防災ガイドブック(令和2年改訂版)」(日本語版)は、市報さいたま9月号との併配で全戸配布されていますが、英語版、中国語版、韓国・朝鮮語版は、データのみで冊子化されていませんが、こちらか左画像をクリックすると表示されるさいたま市のホームページから(日本語版も含めPDFを)ダウンロードできます。
日本語版は全56ページで下記構成になっており、災害の際、市民のみなさん一人ひとりがあわてず、落ち着いて適切な行動がとれるように構成されています。
防災に関する知識や心構えを再点検し、ふだんの防災活動にお役立てください。
さいたま市防災ガイドブック(令和2年度改訂版)構成概要
はじめに
日常確認
危険の確認(ハザードマップ/市の情報システム)
地震が起きた時、起きた直後の行動
「我が家の防災」をチェックしよう
サバイバルカード、防災・緊急時安心カードの紹介
緊急時の連絡手段
チェックリスト(非常持出品・備蓄品/多様なニーズに合わせた備え)
自宅で避難生活を送るポイント
備蓄のポイント
地震
安全対策のポイント<家の周囲/家の中>
震感ブレーカー・各種サポートの紹介
防災をはじめよう<部屋の中/持ち歩きアイテム>
安全対策のポイント<高層マンション/屋外/屋内>
帰宅困難時の行動
風水害
安全対策のポイント
台風などが接近した時の対策ポイント
風・雨の強さとその影響
主な防災気象情報の紹介
危険の確認(避難情報・警戒レベル)
安全確認のポイント(竜巻・土砂災害・ゲリラ豪雨/大雪・火山災害)
危険の確認(テレ玉・Yahoo!/さいたま市の防災情報/防災行政無線)
マイ・タイムラインの紹介
自主防災組織
「平常時/災害時」の自主防災活動
地域の防災計画を作ろう
要配慮者
サポートが必要な要配慮者
サポートのポイント<平常時/災害時>
避難場所
避難場所の種類と役割
避難所生活での注意点<暮らし方/配慮・防犯/ペット>
応急手当
応急手当の方法

《「平常時」の自主防災活動記載内容抜粋》
阪神・淡路大震災では、救助された方の多くは、災害発生直後における近隣住民の救助・救護活動によるものだったといわれています。
いざというときに備えて、日ごろから顔見知りになっておくことが重要であり、災害発生時に、地域住民がともに助け合い、被害が最小限になるよう、自治会へ加入し、自主防災組織の活動に協力しましょう。
■防災訓練の実施
初期消火訓練、安否確認訓練、避難誘導訓練、応急救護訓練、情報収集・伝達訓練、避難所開設・運営訓練、給食(炊き出し)訓練など
《「災害時」の自主防災活動》記載内容抜粋》
■女性の参画の重要性
災害時、男性だけでは女性が必要とする配慮事項やニーズに 気づかないことがあります。
自主防災組織に女性が参画して意見を述べていくことは、男女がお互いを尊重し助け合うことにつながり、地域の防災力の向上をはかるためにとても重要です。
そのため、自主防災組織のリーダーや役員の方は年齢、性別等にかかわらず意見を述べ合い、助け合う環境づくりに努めましょう。

171「災害用伝言ダイヤル」
災害時の緊急時の連絡手段として171「災害用伝言ダイヤル」があります。さいたま市防災ガイドブックの14ページにも掲載されています。災害の発生時に、通話がつながりにくい時に提供されるサービスで、被災地の固定電話向けに30秒以内のメッセージを録音・再生することができます。ただし、容量に限界があり、制限なく使えるとは限りませんので、注意しましょう。NTT東日本の災害用伝言ダイヤル(171)では災害用伝言板(web171)と同様に、災害発生に備えて利用方法を事前に覚えていただくことを目的として、より多くの皆様が体験利用できる機会を提供しています。
体験利用提供日
 毎月1日,15日 00:00~24:00
 正月三が日(1月1日00:00~1月3日24:00)
 防災週間(8月30日9:00~9月5日17:00)
 防災とボランティア週間(1月15日9:00~1月21日17:00)
詳しくはこちらをご参照ください。

さいたま市防災・緊急時安心カード
さいたま市防災・緊急時安心カード
住所・氏名・生年月日といった情報のほか、緊急連絡先・集合場所(避難所)や病名・血液型・かかりつけの病院などを書いておくカードです。
携帯しておくことで、いざというときに慌てず、落ち着いて家族の連絡先や避難所などを確認することが出来ます。
また、駆け付けてくれた救急隊員などに救助に必要な情報をスムーズに伝えることも出来ます。
※このカードは、令和2年9月さいたま市報と併せて全戸配布された「さいたま市防災ガイドブック(令和2年改訂版)」のP.54ポケット部分へ収納されています。

さいたま市指定緊急避難場所・指定避難所一覧
さいたま市指定緊急避難場祖・指定避難所一覧
さいたま市指定緊急避難場所・指定避難所の一覧です。
※この一覧は、令和2年9月さいたま市報と併せて全戸配布された「さいたま市防災ガイドブック(令和2年改訂版)」のP.54ポケット部分へ収納されています。

【消火訓練】(2019/11/24)

画像をクリックすると、2019/11/24時の消火訓練の動画をご覧いただけます。
【消火訓練概要】
・気が動転している筈なので単独では作業しないように心がけます。
・「火事だ!誰か来てくれ!」と回りに火事を知らせる。
・来てくれた人や回りにいる人の名前が判れば名指しで、
 名前が判らなくても、着ている服装と色などを呼称明示して近くにいる人を具体化
 (例「そこの黒いジャンバーの人」等)して、119番通報や消火器準備など
 作業分担を要請して早期対処を図ります。
・消火器が手元に届いたら、複数名で初期消火作業に入ります。
・消火器ボックスから取り出し、
 レバーが上部に来るよう通常に立て、
 レバー上部の黄色い安全ピンを上へ引き抜いて外し、
 ホース先端のノズルを持って、消火器本体から放す要領でホースストッパーから外します。
(緊急時は気が動転しています。ホースを握って上に引き上げようとしてはいけません。)
・消火の際は、火や煙に邪魔されないために極力風上の位置から行いましょう。
・ホース先端を下記の【消火先】に向け、レバーを握って消火剤を発射します。
・当自治会で配置している消火器の噴射時間は約14秒です。
【消火先】
・消火器から噴射される消火剤は、基本的に火に向けて消火します。
・しかし、台所コンロ上のフライパンの油が引火した場合は、
 消火剤の勢いが強くフライパンがひっくり返って引火した油が広がったり、
 油を被って火傷する危険があるため、フライパンをひっくり返さないように背後の壁か、
 上部にあるレンジフードなどをめがけて消火剤が炎の上にかかるようにします。
消火器の操作や構造、寿命などについてはコチラのサイトが具体的に掲載しています。
・炎の勢いが人の背丈以上になった場合は初期消火は困難とされています。
・何よりも人命が第一です。消火活動も消火者の退路が確保されていることが大前提です。
 消火活動中に煙や炎などで退路が塞がれる可能性が少しでもあれば、
 避難することを優先し、119番通報して消防隊の到着を待ってください。


【非常食試食】(2017/11/26)
アルファ米炊き出し用とお茶用のお湯を沸かします。
アルファ米炊き出し用とお茶用のお湯を沸かします。
浄化装置付き防災井戸から取水してきた水をポリタンクに汲んでリヤカーで運搬しました。
今回2回目の非常食試食。『温めずにおいしく食べられるカレー職人』。
アルファ米の作り方説明書。 説明書に従ってアルファ米に熱湯をかけて蒸らしてかき混ぜて… 丼に盛って… 温めずにおいしく食べられるカレー職人をかけて出来上がり!
アルファ米の作り方説明書に従ってアルファ米に熱湯をかけて蒸らしてかき混ぜ丼に盛って『温めずにおいしく食べられるカレー職人』をかけて出来上がり!
1食パックで他人の手が食材に触れない事が、炊き出し等でリスクとなるノロウィルスやO157等の感染回避にもなります。
カレー職人はレトルトパックなのでお湯に入れて温めてもよろしいです。寒い日は当然、温めた方が体も温まります。

当自治会は約1000世帯弱。非常食を全自治会員分備蓄する事は購入・維持コスト、備蓄場所観点面で不可能です。
自助・共助・公助の観点から非常食は自宅崩壊・消失していなければ自助範疇、
自治会が備えておく非常食は公助を享ける前の自宅崩壊・消失した世帯、及びボランティア向けである、
という事が当自治会自主防災会の認識です。
被災から公助を享けられる期間を余裕を持って一週間と想定し、各世帯単位で水、食料、上下水道不通時のトイレ対策については各家庭で備えてください。

【簡易トイレテント設営訓練】(2016/02/14)
簡易トイレのテント設営体験です。ポール頭部分に4本を繋げます。指を挟まないよう軍手をしていた方が良いです。
去年もやりましたがテントはポールに被せてはいけません。吊るして設営します。
頭の部分が吊るせたら、4本の足の部分を繋げて、テントを固定していきます。
本来は風に煽られないようタープ止めして完成となります。
中は狭いですが緊急時の仮設なのでご容赦ください。
本番使用時には、ファスナー脇に男性用、女性用や使用中、空き等のプレートを掛ける予定です。
まず簡易トイレのテント設営体験です。ポール頭部分に4本を繋げます。指を挟まないよう軍手をしていた方が良いです。 そう!去年もやりましたがテントはポールに被せてはいけません。吊るすのですぞ! 頭の部分が吊るせたら、4本の足の部分を繋げて、テントを固定していきます。 はい、出来上がり。本来は風に煽られないようタープ止めして完成となります。 中は狭いですが緊急時の仮設なのでご容赦ください。本番使用時には、ファスナー脇に男性用、女性用や使用中、空き等のプレートを掛ける予定です。

【発電機使用訓練】(写真は2016/02/14を引用)
発電機の動かし方
①燃料給油キャップつまみを"ON"にする
②エンジンスイッチを"運転"の位置に合わせる
③エンジン冷間時チョークレバーを"始動"の位置に合わせる
④始動グリップを(勢い良く)引く
⑤エンジンの回転が安定したらチョークレバーを"運転"の位置に戻す
発電機の止め方
①エンジンスイッチを"停止"にする
②(エンジンが十分に冷えてから)燃料給油キャップつまみを"OFF"にする
続いては発電機の試用体験です。 発電機には誰でも使用可能なよう、テプラで手順書を貼り付けています。 発電機には誰でも使用可能なよう、テプラで手順書を貼り付けています。 発電機には誰でも使用可能なよう、テプラで手順書を貼り付けています。

担架を使用した救護訓練

天東自治会防災会備品担架を使用した救護訓練と竿担架の作り方 動画(写真や動画は2014/02/23 09:56より引用)

【備品折畳み式担架の使用法概要】
・担架の張り方:当自治会防災倉庫に備蓄しているターポリン製の折り畳み担架は、逆さにしてステー部を足で押し込み握り棒を広げて張ります。
・白い肩掛け紐が付属していますが、すぐに外れるので使用しません。
・担架で運ぶ救護者の足側を進行方向とし、救護者の様子を確認できる後ろ側(救護者の頭部側)の人がリーダとして、上げ下げタイミングなどを指示します。
・前後搬送者の歩調を左右逆にすることで救護者の上下振動が軽減されるそうです。

担架の作り方
備品担架での救護者搬送実践訓練 動画(写真や動画は2014/02/23 10:08より引用) 画像をクリックすると、備品担架での救護者搬送実践訓練動画をご覧いただけます。
上記の天東自治会防災会備品担架を使用した救護訓練内容を全役員で実践体験している動画です。
次は担架の試用体験です。 試用体験の前に、担架の使用説明を防災会長が行います。 進行方向後ろ側が声掛けします。搬送者の揺れを軽減するために、前の人と後ろの人が出す足を逆にします。 搬送者が重い場合は6人掛りにします。

【車椅子の使用法概要】(写真は2016/02/14より引用)
ノーパンクタイヤなので若干重めです。平日の日中だと高齢者が多い実情から、参加者からも使用方法について熱心な質問がありました。
段差が有る所では引率者がステップを踏み前輪を上げ、前輪の揺れブレを避けて移動しましょう。急な坂道を下る場合は、前のめり転倒防止のために後ろ向きで降りることも、臨機応変に検討対処してください。
最後に車椅子の試用体験です。車椅子を広げた状態です。 こちらは着座部を引き上げて折り畳んだ状態。ノーパンクタイヤなので若干重めです。 平日の日中だと高齢者が多い実情から、参加者からも使用方法について熱心な質問が上がります。 段差が有る所では引率者がステップを踏み前輪を上げ、前輪の揺れブレを避けて移動しましょう。急な坂道を下る場合は、前のめり転倒防止のために後ろ向きで降りることも、臨機応変に検討対処してください。

令和3年11月21日(日)自主防災訓練の実施について

【訓練概要】

・日時:11月21日09時15分集合 11時30分頃終了
・会場:天沼観音堂にて
・対象者:今年度は役員のみで行う
・消防署:今年は消防署の出動は無し
・今年のテーマ:「万が一の際の行動や準備について役員間で確認する」
・訓練内容:避難訓練、通報訓練、避難所運営訓練(防災備品の操作など)
      避難行動要支援者名簿活用訓練(名簿保管場所を役員に周知)
・装備:(全員)ヘルメット、笛、ジャンパー、マスク、避難時必要品を入れたリュック
    *必要品として「最低1日分の食料と飲料水」「筆記具」を含めること
    (トランシーバー管理者)充電したトランシーバー
    (鍵管理者)防災倉庫鍵

【訓練内容】

09:15~

・避難訓練について → ヘルメットほか、避難時の装備にて集合
・集合時の注意事項 → マスクをつける、手指消毒、体温・体調の確認
・会場設営 → (全員)換気のため窓を開放し、座席はスクール形式とする
・朝社 → 会長より挨拶、本日のスケジュール説明(総務副部長)
・受付訓練 → (会計・文化部T・広報部U)検温、マスク着用の有無、避難者名簿の記入

09:30~

・町内の消火器の確認 → 4班に分かれ、町会内の消火器の状態を確認する(雨天でも実施)
  A班(1、2、3、4、5ブロック=17台)リーダー:事務局M
  B班(6、7ブロック=15台)リーダー:事務局A
  C班(8、9ブロック=15台)リーダー:会計補佐
  D班(10、11、12、13ブロック=23台)リーダー:体育部K
 消火器設置場所のMAPを元に、設置場所を確認し、点検する
 点検一覧に点検結果を記入する(消火器の外観・安全栓の封印、収納箱の状況など)
 移動も含めて1時間で収める(未点検の消火器があっても、時間までに戻る)
・トランシーバー訓練(全員が交代で)
 本部(会長、事務局O、総務部長、総務副部長)
 → 消火器点検移動中に本部(アンテナ準備)と通信しトランシーバー操作を練習

10:30~

・通報訓練 → 観音堂に戻り、通報訓練を行う
 (広報部S)119番に電話し「訓練・訓練・訓練」と言う、スピーカー通話とする
 (総務副部長)訓練の5分前に消防の指令センターに以下を伝える
    住所、事業所名、通報する電話番号、通報時間、消防隊は来ていない

10:40~

・防災について→(総務部長、総務副部長)災害時の自主防災会の行動マニュアルの共有
  防災ガイドブック、タイムラインノートの紹介 ほか
・防災用紹介 → (総務副部長)本年度購入の防災機器の紹介など
・避難行動要支援者名簿活用訓練 → (会長)避難行動要支援者名簿についての説明

~11:30

・(全員)後片付けし、終了

【準備物】

 本部用

 ・受付票(防災倉庫)・クリップペン(防災倉庫)
 ・本部のぼり(防災倉庫)・ポール(倉庫)
 ・AED、救急箱(観音堂)
 ・スピーカ、マイク(観音堂)
 ・メガホン(防災倉庫)

 消火器確認訓練用

 ・小旗(観音堂)
 ・トランシーバー(管理担当役員が準備し持参してもらう)
 ・トランシーバー用アンテナ(観音堂)
 ・消火器点検グループ分けA4.pdf(事務局にて印刷、人数分)
 ・消火器点検票.xlsx(事務局にて印刷、10枚) および クリップボード(4枚)

 通報訓練

 ・通報訓練メモ.docx(総務副部長)

 防災情報の共有

 総務部長
 ・2021年版天東防災マニュアル.docx(事務局にて印刷、人数分)
 総務副部長
 ・2021防災参考資料ハザード.docx(事務局にて印刷、人数分)
 ・さいたま市防災マニュアル(観音堂・在庫20部)
 ・タイムライン作成マニュアル(観音堂・在庫40部)
 ・今年度購入防災機器:ソーラー発電機、LED投光器(観音堂)

 避難行動要支援者名簿活用訓練

 ・避難行動要支援者名簿(会長)

以 上

NEW! icon令和3年度避難所運営訓練報告

訓練日程:2021年10月16日
訓練想定:朝8時に震度6強の直下型地震発生、火災。3日後、大雨特別警報発令で避難指示発令

《天東対策本部》

集  合:8時30分に観音堂に集合し本部設置
会長の下、災害への対処方針を決定し、人員を配置。避難所へ要員を派遣。
・本部:会長、レク部O
・大宮高校班:I副会長、会計補佐、総務副部長
・芝川小班:N副会長、会計
無線機を使い、本部と避難所の間で連絡を取る。

《大宮高校班》総務副部長報告

大宮高校の避難所運営訓練
参加自治会:天2東部(940)、天2中部(137)、天2西部(236)、大原7北部睦(78)括弧内は世帯数
集   合:9時に大宮高校格技場に集合
受付訓練 :受付用紙に体調や住所氏名等を記入、体温測定、手指消毒
開   会:運営リーダー(岩元副会長)から訓練内容の説明
避難所レイアウト設営:ブルーシートで通路と居住スペースを設置。完成後に折畳み、保管して設営訓練完了
南公民館との連携訓練:施設見学と2階の物資倉庫の確認
閉   会:大宮高校に戻り、訓練の振り返り、防災アドバイザーからの講評後、10時30分に解散
訓練を終えて
・無線機の受信状況が良くないタイミングがある。本部のアンテナは必要。
・新型コロナ感染対策で、参加人数を縮小しての実施だった。
・避難者を短時間で受け入れるために、ブルーシートを使った通路を事前に準備する。「素早く、簡単に、分かり易く」区割りできるようにするとの趣旨。参加者が協力してスムーズに設置ができた。
・実際の避難時には体育館を使用し、会場が2倍ほどの広さとなる。体育館のレイアウトの事前検討が必要。また、作業も大がかりとなるので運営委員の増強も必要と思われる。
・避難者人数の想定と、スペース配分の検討(自治会世帯数の差、大雨で避難指示が出た際には、他のエリアからの避難者も想定される など)。

《芝川小学校班》N副会長報告

芝川小学校の避難所運営訓練
参加自治会:天2東部、天1東部、中川、グランドシティーの自治会各1名、区役所5人、校長、教頭、総勢11名
開催挨拶:運営リーダー(今年は天1東部)及び校長の挨拶
避難所運営委員会の開催:芝川の氾濫が予想される場合、芝川小学校は避難所が開設されない為、代替避難所について予め区役所と協議し決めておく必要あり、後日協議する事になります。
避難所割り振り訓練:体育館の床にブルーシートで8区画を作った後、一つに折り畳み体育館内の収納庫に収納し有事に備えました。
衛生用品の、防災倉庫内の備蓄状況について:区役所作成の備蓄品一覧表にて、備蓄状況の内容を確認しました。
出動連絡方法の確認:有事の際の、出動の有無について、連絡方法を検討して貰うよう要望しました。
アンケート記入の後、10:20散会しました。
訓練を終えて
・無線機について:体育館内に於いては場所により受信状況が悪くなる場合があります。

令和3年5月8日(土)消火器メンテナンス報告

さいたま市防災ガイドブック(令和2年度改訂版)
旧立川クリーニング店前の消火器再設置を行いました。

令和3年度 自主防災計画

2021/04/18(日)令和3年度定期総会資料16頁の天沼町二丁目東部自治会自主防災会 令和3年度自主防災計画より
4~5月 自主防災会役員の任務分担の確認
貸与備品の確認
防災倉庫の鍵の保持者確認
防災井戸の継続確認及び看板確認
消火器設置のお願い

5~7月 今年度購入防災備品の検討及び助成金申請

適時 自治会行事の時に備蓄品の展示をし、定期的に使用することで当防災会の習熟向上を図る。
・組み立て式トイレの組み立て
・発電機の取り扱い
・無線機の取り扱い
・消火器の取り扱い
・テントの組立て
・担架・車椅子の取り扱い

8~9月 今年度購入防災備品の発注

10~12月 今年度購入防災備品の納入・実績報告書提出

11月 11/21(日)
◎消防署との共催で防災訓練(8回目)
・避難訓練(避難時必要品を持参)
・通報訓練(119番通報)
・消火器訓練
・避難所運営訓練
・避難行動要支援者名簿活用訓練
◎自主防災会独自の防災訓練
・本部テントの設営と受付訓練(検温など
・発電機の取扱いと携帯電話25台以上の充電
・防災井戸の取り扱い(防災井戸水運搬
・非常食の炊き出しと試食(かまど設置
・災害用トイレの組立てと実際に使用

その他 1.大宮区主催の避難所運営訓練(10月)に参加
2.さいたま市主催の防災リーダー研修会(2月)に参加
3.大宮区主催の防災情報交換会(3月)に参加
4.消火器の設置(要望のあった箇所に設置)

発 足

地域社会の安全と住み良い環境を守るために、
平成23年5月9日、地域住民相互による「共助」の精神に基づく自主的な防災活動を行うことにより、
地震その他の災害による人命の安全確保、被害の防止及び軽減を図ることを目的に結成いたしました。
現在は、自治会役員、自治会員、ブロック長、民生委員を合わせ約50名で構成しています。

防災用品備蓄一覧

防災用品備蓄一覧acrobat

当自治会内の消火器配置地図

ピンクバルーンは消火器の位置で、クリックすると表示される3桁数字は当自治会の管理Noです。


大きな地図で見る

当自治会内の消火栓配置地図


大きな地図で見る

当自治会内の防災井戸配置地図


大きな地図で見る

当自治会内の避難場所地図


大きな地図で見る

防災関連総括地図

ピンクバルーンは消火器の位置で、クリックすると表示される2桁数字は当自治会の管理Noです。


大きな地図で見る

自治会全域図

令和3年度 活動実績
Arrowスマホはタップで開閉します】

令和3年度活動実績
防災・防犯
4月毎月第1(月)第3(木)パトロール
(次月以降の記載省略)
防災倉庫内棚設置・整理・備品確認
5月令和3年度防災用品購入計画
6月自主防災組織運営補助金申請
防犯活動助成金申請
避難場所運営訓練説明会
7月各種団体との懇親会【中止】
大宮クロスロード講習会【中止】
貸与品所持確認
8月ブロック長会議【中止】
避難場所運営委員会(大宮高、芝川小)
自主防災運営補助金受領
防犯助成金受領
9月防災井戸水質検査サンプル提出(4箇所)合格
防災倉庫内点検整理
10月毎月第1(月)第3(木)パトロール再開
大宮区避難所運営訓練参加(芝小:1名、大宮高:3名)
防災用品納品
11月自主防災会防災訓練実施(参加者24名)
消火器の点検と整備作業(58箇所)
夜間パトロール(第2第4水曜日)
12月夜間パトロール(第2第4水曜日)
防犯活動用ジャンパー作成
1月防犯助成金活動報告提出
2月大宮区安全安心の集い【中止】
自主防災組織運営補助金実績報告書提出
3月大宮区防災情報交換会【中止】
防災訓練補助金受領
年間活動報告
次年度防災用品検討
  • web拍手 by FC2

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system